周りの木々や植物が芽吹くこの時期、外出の時上着をもう1枚羽織るか悩む頃です。 実家の藤の木

はあっという間に葉をつけ白い花を蔓の下に咲かせています、毎年の光景ですが。この頃のこの藤の

生命力には驚かされます、他の木の枝を巧みに利用して自身の枝を四方に絡み付ける様は、蛸の足の

如く枝に絡みつき伸びています、牡丹は妖艶な紫色の花を一輪だけ咲かせました。芍薬の花は未だつ

ぼみですが、これから楽しみです、春先の花の開花は愉しみのひとつですね。毎年思うのですが、写

真撮るのわすれてしまい後悔するのです、、